私たち一般社団法人シーフードスマートは「かしこくたべて、さかなをふやす」を合言葉に、日本の水産資源をより持続的に利用していくことを目指し、活動している団体です。

 今や欧米のスーパーや飲食店では当たり前に、サスティナブルシーフード=持続可能な水産物しか売られていません。国際自然保護連合(IUCN)から絶滅危惧種に指定されているクロマグロ、ウナギなどが、売り場に平然と置かれている先進国は、中国と日本くらいです。

 でも日本人は無類の魚好きです。
「この魚が無くなるかもよ!」と聞くと、我先に食べたがるのも日本人の大きな特徴です。そこで私たちは 「かしこくたべて、さかなをふやす」 という言葉を掲げました。

 日本には魚食文化とも言える、魚を美味しく食べるための様々な知恵と工夫が秘められています。その文化を失うことなく、美味しい魚を食べ続けながら、サスティナブルシーフードを実現できないだろうか?これが私たちが取り組む唯一最大のテーマなのです。

 もちろんそこに我慢は必要です。ただ今の漁業のあり方、流通の仕組み、無自覚な消費のままでいたら、日本の魚は本当に無くなってしまうかも知れません。

これからも日本の美味しい魚を食べ続けたい、子や孫たちの代までこの美味しい魚を残したい。そのためには今に生きる私たちが魚のことや、魚を取り巻く環境や、仕組みを知り学び、それを日々の消費活動に反映させていかなければなりません。

一般社団法人シーフードスマートでは
「Seafood Smart TV」で、魚や漁業の今を知り
「魚食スペシャリスト検定」で、深く学び
「Seafood Smart」の仲間になって一緒に活動してもらい、
さらに一人でも多くの仲間を増やしていきたいと考えています。

日本の海は本当に豊かです。
私たち日本人がちょっと自覚を持つだけで、必ず美味しい海の幸を持続的に提供してくれるようになります。

一般社団法人 シーフードスマート
代表理事 生田與克

Copyright ©2015 Seafood Smart All Rights Reserved.